離婚して・・誰にも話せていない葛藤がひとつ。

シングルマザー

こんにちは!まちゃデス。

私は離婚して4年が経ちます・・

全く後悔はしていません。息子のことを思うと、本当にこれで良かったのかと立ち止まることは時々ありますが、今が一番幸せです(*´꒳`*)

だけど、ひとつだけ心残りが・・

元ダンナさんのご両親に何もしてあげられなかったという事。

上で息子のことと書きましたが、本当のところは息子と元ダンナのご両親のことを思うと、です。

本当に義父と義母にはよくしてもらいました。

私が出産してからも好きな仕事に就けたのは、協力して応援してくれたご両親のおかげです。

本当の娘みたいに可愛がってくれて、いつでも味方になってくれたし、よくある嫁と姑みたいなバトルは一切なく、なんでも言えるし、私は文句ひとつ言われたことなんてありません。

こんなによくしてもらって、息子もとても可愛がってくれて、感謝しかありません。

離婚することも最後の最後まで伝えることが出来ず・・元ダンナさんに伝えてもらいましたが、とても悲しんでいたそうです。

何よりもたった一人の孫と頻繁には会えなくなるのが寂しかったようです。

孫が産まれてからずっと近くで成長を見ていたのだから、気持ちが痛いくらい分かります。

私も申し訳ない気持ちでいっぱいで合わせる顔もなく、離婚についての話を私からはしないまま、離婚して実家に戻りました。

だけど、そのままってわけにもいかないので実家に帰ったその日に電話で話をしました。

(あの時の私には、電話をするだけで精一杯でした。)

話と言っても私はただ謝ることしか出来ず、・・それでも義母は泣いている私に向かって

「泣かないでいいんだよ。母親一人で子供を育てるというのは大変だけど、頑張るんだよ」

という言葉をかけてもらいました。

感謝の気持ちも伝えることが出来ず、何も言わずに故郷に戻った私に優しい言葉をかけてくれて、そんな資格私にはないのに・・

怒ってくれた方が私の気持ちは楽になれたのに・・・

今では年に2.3回ほど息子がおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行っていますが、その度に子供には多すぎる額のおこずかいを渡してくれます。

私に遠慮をして、直接向こうから連絡がくるという事はありませんが、何度かお手紙を頂きました。

お手紙の中には、孫の成長をとても喜んでいる事、私の健康のことなど一方的な内容で、いつも返信不要と書かれています。

その中には「まだ若いんだから、再婚したっていいんだよ。」という言葉もありました。

いつもありがたい言葉ばかりかけてくれて、涙が溢れてきます。

ご両親に何もしてあげられないまま、逃げるように離婚した私からしたら、優しい言葉が逆に胸に刺さり、手紙を読むのがいつも辛いくらいです。

義父や義母に何かあった時に、後悔するのが目に見えているから、いつか親孝行したいと思っています。

今は、年に数回孫の成長を見せてあげることしか出来ませんが、それだけでは私の気持ちが納得いきません。

だけど嫁でもない私に何ができるのか分からないし、動けない自分もいます。

なぜ動けなくなるのか・・・とても複雑な思いですが(もう離婚しているし)正直関わりたくないという気持ちも少なからずあるからです。

一切私を攻めることを言わない、優しい言葉ばかりかけるご両親。その言葉が私にとって一番辛いことで、会いたくないと思わせてしまう一番の要因なのかもしれません。

それに、私がご両親に今までのように普通に接する親孝行をするという行為自体が、離婚を選択した私の行動そのものを自分で否定しているようで怖いんです。

いつもご両親のことを考えると、胸が痛むし、涙が溢れてくるから、なるべく考えないようにしています。

だけど後悔しないように自分自身ときちんと向き合って、この気持ちを乗り越えなければいけないと思う今日この頃です。

私に出来ることを、きちんと考えます。

 

今回は私の誰にも話したことない心の中を吐き出してみた、ただの吐き出しブログです。

自分の気持ちと向き合いながら気持ちを整理しながら・・このブログを書くのに3日かかりました。

なんだか暗くなるような内容になるのは不本意ですが、少し気持ちがスッキリしました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。