【離婚した理由③】こども が欲しかった

シングルマザー

前回からの続きです!

私が離婚した理由・・

もうひとつの大きな理由はこどもが欲しかったということ。

私は子どもが大好きで小さい頃から子供を3人産むのが夢だったんです。

(なんで3人なのかは分からないけど・・)

元ダンナには何度も子供(2人目)が欲しいという思いを伝えたし、その度に「俺も欲しい」と前向きな言葉を言ってくれて嬉しかったんだけど、それも元ダンナの得意技、口先だけの理想論。何も協力してくれなかった。

話し合いの時に前向きな言葉を言われるとこれ以上話が出来ないんですよね・・。

もしかすると、今となってはそうやって話せば話が終わることを元ダンナは知っていたのかもしれないと思えてくる。。

 

そもそも‼︎4年レスだから欲しいという思いだけで子供なんてできるはずがない‼︎笑

前向きな言葉はいらない!問題はそこなんだよ!

元ダンナは家で私が隣に座ることすら嫌がるような人だったからね。

コウノトリが連れてくるとでも思ってるんだろうかね。

 

こんな話って女性からするのって勇気がいるし、惨めだし、悲しいし、いろんな複雑な思いがあるのだけれど、頑張って何度も静かに訴えたよ。

息子もどんどん大きくなっていく中で二人目が欲しいという思いだけがどんどん膨らみ、焦りは出てくるし、子供を産むにはタイムリミットがあるから、そこは分かって欲しかった。

 

でも・・私ふと思ったんですよね・・その時は子どもが欲しいという思いしかなくて深く考えていなかったんだけど、よーく考えたらこの人と子作り出来るのかな?と。

そしたら急に、一気に現実が押し寄せてきて、

「あ。わたし子供は欲しいけど、この人の子供は欲しくない」

と思ってしまったんです。