レーシック手術 から5年後・・手術してよかったぁぁぁ

レーシック手術

今日はまちゃがレーシックをして5年経った今だから言える手術してよかったと思うこと!

これをレーシックする人の一つの判断材料になればうれしい(*´з`)

早速!始めます!

めがねを探さなくて良い!

これは一番最初に感じたこと!

まちゃはよくメガネをどこに置いたかワカラナクナル

なんど、ケータイみたいに鳴らせたらいいのにと思ったことか

起きてすぐメガネを探し、洗顔後メガネを探し、コンタクトを外してメガネを探し、お風呂の後メガネを探し・・・

特にコンタクトを外した後!同じ場所に置いとけよって感じでしょうが・・

いつも同じ場所に置いているはずなーのーに!ない!

メガネを探すロスタイムを考えたら無駄な時間が減った!

子供を抱っこした時、めがねを取られなくて済む

なぜ子供は抱っこすると、メガネを取ろうとするのでしょうか?笑

あのよだれにまみれた手で触られ、指紋とよだれがレンズにべったり(゜_゜)

洗う、もうめんどくさいからその辺に置く、置いたところ分からなくなって探す。そして時々壊される。

このルーティーン

コンタクトが無くなって焦らない!

使い捨てコンタクトを使っていると定期的に購入しないといけないし、定期的に眼科にも通わなくてはならない。

(まちゃはコンタクトレンズが少しでも汚れているとアレルギー反応が出てしまうため、使い捨てしか使えない・・)

忙しくてコンタクトの購入を忘れていて、全然残ってない!なんて事もよくあったなぁ

使い捨てじゃない人にとっても、無くしてしまって焦ったりした事はないだろうか。

まちゃも学生時代、バレーボール部だったのだが、試合前日の夜になくして、まじで焦った‼️(その頃はまだ使い捨てコンタクトレンズではなかった)

家の中だったから、家族総出で必死に探し出したけどw

温泉の時、ラク!

温泉だけでなく、プール、海水浴なんかの時に、どうしようかと悩む必要がない!

子供が一緒だと特に裸眼ではいられないから、メガネでいようかコンタクトで入ろうかいつもどこで折り合いをつけようか悩んでいました。

また若い時だと、メガネでプールや海水浴はちょっと・・(^_^;)って感じなんですよね。

かわいい水着も台無し。笑

メガネにさようなら

もう本当にどうでもいい、個人的な事なんだけど・・

まちゃはおしゃれメガネがおしゃれにならないくらい本当にメガネが似合わない!

メガネブスと言われていたくらいメガネが似合わない。

メガネをかけたらキテレツ大百科の勉三さんになる。

小学校4年生からメガネをかけていたから、もうメガネに未練はありませーーーーん‼︎

ドライアイが治った

極度のドライアイだったんだけど・・レーシックをしてコンタクトをしなくなったおかげでドライアイがほぼ完治。ほぼね。

というのも、パソコン作業が続いたら渇くし、冬も乾くから完治とは言えないのかな?(これはフツウの範囲内なのかな?)

でも目薬とか使わないし、コンタクトをしていた時期を考えたら1/100くらいに良くなった‼

目の奥の痛みがなくなった‼

これは考えてもいなかった利点だが、一番うれしい‼

慢性的な眼精疲労で目の奥が常に痛い(高熱出した時のあの痛み)、そして頭痛や吐き気に繫がる!

あの目の奥の痛みと頭痛は本当に辛い。

仕事のモチベーションも下がるし、休みの日は起きているのも嫌になるから、私にとってはこれが一番うれしかった思いがけないメリットでした

 

そして何よりも!

 

視力を維持している!

これに尽きるのではないでしょうか!

レーシック手術前 0.02 → 手術後 2.0 → 現在 右1.5 左1.2

 

番外編

まちゃが実際に経験したわけではないのであくまでも疑問なのだが・・

夜中に急に災害にあった場合や外で被災した場合、どうなるのだろうか?という事。

コンタクトレンズの保管や保存液の問題、紛失の際など、ただでさえストレスの多い避難生活の中でと考えると、この件はまちゃ個人的にとても気になるところ。

 

 

 

ついでにデメリットを・・

 

まちゃの個人が思うデメリットをあえて言うならば・・夜の光がにじんで見えるということぐらいでしょうか。

これはハロー現象という、レーシックを受けると見られる症状です。

このことに関しては、手術前に説明を受けていたし、日常生活にはなんの支障もないので気にしていません。

他にも、夜の光が極端に眩しく感じるグレア現象があり、ふたつセットで症状が現れる人もいるみたいですね。

こちらに説明があります ⇨ ハロ・グレア現象

 

 

ついでに・・レーシック手術をする人が激減していることに関して、NewsPicksで堀江貴文さんが言及しているのですが、まちゃはこの意見に激しく賛同‼︎

日本での激減のきっかけはやはり感染症での失明事件がきっかけですね。あれはレーシックそのものの失敗ではなく藪医者の感染症対策が杜撰だっただけの話。優良クリニックはあれで相当あおりをうけました。

たぶん眼科医会や緑内障のドクターはレーシックのことをそもそもあまり知らない(症例をたくさん診たこともないし、執刀したこともない)し、自分たちの領域、大学病院に患者が来ない(そりゃ自費でレーシックなのに、土日休みとか何時間も待たされる、最新の機器でもない、症例も少ないでは誰もいきません)ということへの僻みもあるのではと思います。レーシック後の白内障治療は屈折の専門家なら問題ないかと思いますが、緑内障やその他が大変ということであれば、ではICLで将来抜去すれば良いのではということかと。

NewsPicksより引用